読書と記憶術

暗記ならと思っていたら

【 2014/06/19 】

現代日本は、本屋に行けば、あふれるような雑誌や書籍が山積みになっているのが分かるように、世界的な出版王国と言われています。学習参考書も多様で、勉強しようと思えば、極端な話自分で本を買って読むだけでも相当なことが学べる時代となのです。一方今のように豊かでなかった時代には、学校で勉強すると言うことは、いわば本を作ることであると認識されていました。つまり先生が講義することや黒板に書くことを、ノートに書き写すことが勉強であったのです。したがってそのノートは、大変な価値を持つことになります。一般に勉強するとは、教科書に書いてあることを暗記することだと理解されているように、記憶術と読書とは深い関係があります。しかし私たちが面白い小説を読み流すのとは異なり、読んだその内容を要約したり、一部を再現する場合は、かなりの努力を要します。読書した内容を暗記するということは、一旦記憶の奥に留められた内容を、自分の知性によって再構成することなのです。したがって暗記しているとは、単にその名前や内容を知っているというだけでなく、自分が人に説明できるほどになっていることが必要なのです。

読書って硬いのは見てる感じがある

【 2014/06/19 】

最も手軽でお金もかけずに楽しめるというのは読書ですね。読書というのは、それほど費用をかけることなく楽しむことができますし、そして長い間楽しむこともできますので、コストパフォーマンスも高いものとしてとてもお勧めできます。 安くて、それでいて長く楽しむことができますし、また場所を選ばずにそれを楽しむことができるというのもうれしいです。自宅でも出かけ先でもそれを読むことができるのですね。 しかも、それだけではなくてただ楽しむということだけではなくて、ためにもなるというのがうれしいことです。 特に読書では記憶術を鍛えることができますね。頭は使えば使うほど、よくなっていくものですので、読書でもただ、流行の小説のようなあまり軽いものばかりではなくて、硬いものも読むようにすると、記憶力もアップしていくのではないでしょうか。 そうして、楽しみながら記憶術を鍛えて、いつまでも活発な脳を維持し続けることができるといいですね。

漫画なら覚えてるな

【 2014/06/19 】

何かを覚えたい時に使う記憶術はたくさんの方法がありますが、皆さんはどのような方法で覚えようとしますか。 人によって覚え方は様々で、オリジナルの記憶術を持っている人もいるかもしれません。 では、どのように覚えれば記憶しやすいのでしょうか。 まず記憶というのは繰り返さなければ忘れるとよくいわれます。 そこで読書で覚えようとする人は多いと思います。 覚えたいものを読むことは多くの人がしていますね。 ですが、ただ読書しているだけではなかなか頭に入らず、覚えるのにも時間がかかるかもしれません。 繰り返すことが記憶には大切ですが、ひたすら読んで覚えようとすると続かないこともあるのではないでしょうか。 ここで別の方法ですが、読書以外では漫画で覚えると記憶に残りやすいと聞いたことはありませんか。 文字だけで覚えようとするとなかなか覚えることができないけれど、絵とストーリーを一緒に読むことで記憶に残りやすいという人もいるようです。 このように、漫画なら覚えていることもあると思います。 読むだけで覚えるのが難しい場合、漫画で覚えるのもいいかもしれません。

PAGE TOP