記憶術って暗記することじゃない?

勉強ができるか否かで人生は大きく異なってくることは紛れもない事実です。勉強ができればよい高校、レベルの高い大学に入学でき、優良企業へ就職できる可能性を高めてくれるのです。また勉強が良くできる人は、ジム処理能力にも長けるのです。それは要点やポイントなど瞬時に把握することができ、段取り欲要領よく仕事を進めることができるからです。また勉強ができる人は暗記力にも長けるのです。英単語や歴史の年代など実によく覚えているものなのです。勉強ができる人になるには、暗記力といった能力を高めるのが一番であると言えます。しかし、なんども読み返して覚えようとしても、時間をかけて覚えたつもりでも、翌日になるとすっかり忘れてしまっていることは、誰もが経験したことがあると言えるでしょう。そんななかでも、勉強のできる人は翌日でもきちんと覚えていて、テストでも高得点をもらうのです。しかし暗記力を高めるのは、何度も繰り返したり、言葉に発したからと言って高まるものでもないのです。暗記力を高めるには普段から読書などを通じて、その文言をイメージして記憶にとどめる訓練をしなければいけないのです。これこそが頭が良い人がよく実践している記憶術なのです。読書の活字を頭の中で独自に映像として形作り、その映像をしっかり覚えておくのです。この記憶術であると、寝て翌日になってもしっかり本の内容を覚えていることができるのです。読書を寝る直前にし、イメージを頭に残像させながら寝てしまうと、よりその映像の記憶はクリアに頭に残るとも言われています。これを応用し英単語などを布団のなかでイメージ画像を頭の中で作り上げながら覚えていくのです。すると翌日でも頭の中からすぐにその画像を呼び出し、単語の意味とリンクさせ覚えていることができるのです。そのため勉強ができ頭が良いと言われる人になりたければ、読書を沢山し、活字を瞬時に頭の中で映像で再現できるように日頃から訓練しておくことが大事なのです。

お気に入りサイト

PAGE TOP